ケニアのンダロイニというコーヒーを行きつけの自家焙煎珈琲店でいただいた。焙煎度は深煎り。カップ&ソーサーはウェッジウッドのアレクサンドラシャンパンゴールド。まろやかな風味豊かな味わいが特徴的なコーヒーだった。

ケニアAA・二エリ・ンダロイニ・ファクトリー

ケニアAA・二エリ・ンダロイニ・ファクトリー

今回いただいたのは、ケニアのニエリ地区カラティナ村で生産されたコーヒー。「ンダロイニ・ファクトリー」というのは村にある精製工場の名前。工場周辺にある1400軒近い農家が栽培・収穫した豆が持ち込まれている。
 
コーヒー豆の販売元、セラード珈琲のホームページに「ケニアAA・二エリ・ンダロイニ・ファクトリー」についての商品詳細が載っている。以下、引用、抜粋。

ンダロイニ・ファクトリーは1984年にカラティナ村の生産者によって建てられました。ンダロイニ・ファクトリーができる以前は、カラティナ村の生産者は近隣にファクトリーがなく、遠くのファクトリーにチェリーを持ち込んでおりました。ンダロイニとはスワヒリ語で「安息の場所」を意味する言葉であり、ンダロイニ・ファクトリーが如何に生産者達の暮らしを変えたかが伺えます。

豆の特徴

ケニアAA・二エリ・ンダロイニ・ファクトリー|深煎り

豆の大きさは大粒。粒と形もよくそろっている。きれいな豆だ。深煎りなので色は焦げ茶色をしている。豆が栽培されているニエリ地区はケニア山麓に位置し、肥沃な赤土の土壌で、最高品質のコーヒーが収穫される生産地としても名高い。

ハンドドリップ

マスターがハンドドリップする様子を YouTube ショート動画に収めた(上の動画)。深煎りなので粉もきれいに膨らんでいく。目の前で、自分が注文したコーヒーができあがっていく様子をカウンター席で眺めるのも楽しい。

味の感想

ケニア・ンダロイニ|深煎り

ひとくちめは、まろやかな甘みを感じた。通常、深煎りのコーヒーは苦味が先にくるが、ンダロイニは甘みが先にきた。中盤になると、コクが出てきた。コクも濃厚というよりは、まろやかだ。ほのかに苦味も感じる。苦味もまたまろやか。飲み終わったあとも、まろやかな甘みがずっと残った。
 
ひとことでいうと「まろやかな風味」のコーヒーだった。



無料でコーヒー診断

ウェッジウッド アレクサンドラ シャンパンゴールド

ウェッジウッド アレクサンドラ シャンパンゴールド

カップ&ソーサーは、ウェッジウッドのアレクサンドラ・シャンパンゴールドを選んだ。パール感を帯びた落ち着いた輝きが優雅で格調高いコーヒータイムを演出してくれる。

ケニア・マサイAAと飲み比べ

ケニア・マサイAA

2杯目は、深煎りのケニア・マサイAAを飲んで、ンダロイニとの味の違いを比べた。同じ深煎りのケニア産のコーヒーだが、ケニア・マサイAAは、まろやかな風味のンダロイニと違って、濃厚な風味だ。
 
パンチのある苦味を楽しむならケニア・マサイAA、まろやかな味を楽しむならンダロイニ、といったところか。

関連記事|ケニア・マサイAA

後記

クリスマスの飾り付け

クリスマスモードのコーヒータイム

今回、コーヒーをいただいたのは12月3日。店内ではクリスマスの飾り付けがされていた。BGMもクリスマスソングが流れている。こうした演出の中でコーヒータイムを過ごすのもなかなかいいものだ。

あなたの好みのコーヒーを診断




まだ味わったことのないコーヒーと出会える

取材場所

本記事の取材場所は埼玉県越谷市下間久里(しもまくり)にある自家焙煎珈琲店・珈家(かや)。写真及び動画の撮影は珈家のマスターの許可を得たうえで行なった。

参考資料

本記事を作成するにあたって、引用した箇所がある場合は文中に出典を明示した。参考にした文献は以下に記す。

参考文献

・成美堂出版編集部(2015)『珈琲の大辞典』成美堂出版.
・西東社編集部(2017)『極める 愉しむ 珈琲事典』西東社.
・ジェームズ・ホフマン/丸山健太郎監修(2020)『ビジュアル スペシャルティコーヒー大辞典 2nd Edition』日経ナショナル ジオグラフィック社.